オーバル皿が食卓の悩みをすべて解決~オーバル皿が持つ3つの魅力とおすすめの取り入れ方

オーバル皿が食卓の悩みをすべて解決~オーバル皿が持つ3つの魅力とおすすめの取り入れ方

食品を盛り付けたり、取り分けたりするお皿。
普段、どのような形のお皿を選んでいますか?
自宅で食事をする場合や外食する場合、丸皿を利用する機会が多いと思います。
ですが、食卓に並べるなら、丸皿よりもオーバルタイプのお皿が実はおすすめ。なぜ、オーバル皿を選ぶべきなのか、魅力を解説いたします。

 

目次

オーバル皿とは

オーバル皿が持つ3つの魅力を紹介

魅力1.見栄えが良くなる
魅力2.狭いテーブルでも並べやすい
魅力3.お皿洗いや片付けが簡単

オーバル皿の活用方法3選

朝食やお子様ランチなどのワンプレートディッシュ
2種盛りでより食卓をすっきり
少量の盛り付けでも高級感が出る

まとめ ーおすすめのオーバル皿をご紹介ー

 


 

オーバル皿とは

あのオーバルプレート
オーバル皿とは、オーバルプレートとも呼ばれる、楕円形の形をしたお皿です。

取り皿として使用できる小さめサイズから、大人数の料理を盛り付ける大きめサイズまで、幅広い商品が販売されています。ohのオーバル皿は、幅17cm〜29cmまでの5サイズ展開。

和柄、洋柄などのデザイン、カレーなどを載せるステンレス製のものなど、さまざまなデザイン、材質のお皿がありますが、食卓に取り入れるなら、どんな料理にも合わせやすい白のオーバル皿が最適です。

いつもの主菜やパスタを盛り付けたり、取り皿として使用したりするだけで、カフェやおしゃれなバルのような雰囲気を再現できます。

料理の盛り付けがなかなか決まらない、それならシンプルデザインのohのオーバルプレートで、食卓にセンスを添えてみてください。

 

オーバル皿が持つ3つの魅力を紹介

オーバル皿を普段使いすると、嬉しいメリットがたくさん待っています。
どのような魅力があるのか、3つの良い点を見てみましょう。

 

魅力1.見栄えが良くなる

オーバル皿は見栄えが良くなるあのオーバルプレートのW29にアクアパッツァ

オーバル皿は、どんな料理も高見えできる点が魅力。

焼き魚や肉じゃが、焼きそば、ハンバーグ、オムライスなど、庶民的な料理もお店で出てくる一皿のような雰囲気に早変わりするため、食事の時間をより楽しめます。

ヨーロッパや北欧で多く見られるオ-バル皿(オーバルプレート)ですが、中華料理や和食にも相性が良い製品です。より見た目にこだわるなら、リムのある上品なオーバル皿を選んでみてください。
料理をより美味しそうに見せるには、リムの幅がポイントで。ちょっと広めのリムがおすすめです。ohのオーバルプレートはリムの幅にもこだわりました。

これまで和洋中用に分けていたお皿を、オーバル皿に統一すれば、食器棚をすっきり断捨離することもできます。丸皿よりも場所を取らないため、収納が少ない家、一人暮らしの家にも最適です。

 

魅力2.狭いテーブルでも並べやすい

狭いテーブルでも大活躍するオーバル皿カウンターテーブルにオーバル皿は最適

細身のオーバル皿は、狭いテーブルでも収まりが良いという魅力があります。
お皿と取り皿で、食卓がごちゃごちゃしてしまう……という悩みを抱えている方は、お皿を変えてみるとスッキリすると思います。

実は、一般家庭に多い長方形のテーブルには、オーバルのお皿がよく似合います。長方形にオーバルは、レイアウトの相性が抜群。
また、おかずを盛り付けたオーバル皿を斜めに並べれば、場所を取らずにブッフェのようなおしゃれなビジュアルが再現できたり。

取り皿もオーバルにすれば、よりテーブルの余白が広くなるのでおすすめです。

取り皿サイズ、取り分けに便利な大きめサイズのオーバル皿を取り入れて、ゆとりのある食卓を演出しましょう。

 

魅力3.お皿洗いや片付けが簡単

家庭用の食洗機でも場所を取らないオーバル皿
家庭用の食洗機でも場所を取らないオーバル皿

オーバルプレートは、食洗機や食器の水切りと相性が良い形状です。

食洗機のスペースが狭くてもきちんと収まる、縦向きにすれば水切りカゴを使う面積を節約できる、というメリットがあります。

お皿を洗った後、重ねて保存できるのも、オーバルプレートの良い点です。
かさばるお皿が多い、収納スペースが足りない、という問題は、オーバル皿で解決しましょう。

 

オーバル皿の活用方法3選

どんな料理にも合わせやすいオーバル皿ですが、ちょっと工夫すればより活躍の場を増やすことができます。
オーバル皿の魅力をより引き出す活用方法をみてみましょう。

 

朝食やお子様ランチなどのワンプレートディッシュ

オーバル皿でおしゃれなワンプレート
参考イメージ

大きめのオーバルプレートは朝食やお子様ランチなどのワンプレートディッシュに最適です。洗い物もオーバル皿一つで済むため、あっという間に片付きます。

一人分のおかずをそれぞれ盛り付ける場合も、オーバルプレートならおしゃれ度をアップできます。休日のランチや普段の朝食、ディナーに、ぜひ活用してみてください。来客時にも話題になること間違いなし。

 

2種盛りでより食卓をすっきり

2種盛りの参考画像
2種盛りのイメージ

 

ワンプレートランチTAVATAさんのワンプレートランチ(W29サイズ)

場所を取らないオーバル皿ですが、テーブルの面積が狭い場合、お皿の左右におかずやサラダ、パンなどを2種盛りしてみてください。横幅が広いため、味が混ざり合にくい点もメリットのひとつ。

丸皿を使った2種盛りより、おしゃれに仕上がるのもオーバルプレートならでは。
もちろん、食事だけでなく、おやつやスイーツを盛り付けてもOKです。

 

少量の盛り付けでも高級感が出る

パン一つでも絵になるオーバル
小さいオーバル皿はパン一個でも気遣いを感じられる

おつまみにナッツを少しだけ盛りたい、漬物やキムチを食卓に出したい、パンを一つだけ載せたい、昨日の残りがちょっとだけあるなど、食事の際に少量の食材を並べるケースが少なくありません。

こんな時、小さめのオーバルプレートがあれば、強い味方になってくれます。
一瞬で高級感あふれる食卓になる魔法のオーバル皿で、おうち時間を楽しんでください。

 


 

まとめ ーおすすめのオーバル皿ー

オーバル皿の魅力

食卓をおしゃれに彩ったり、食器棚をすっきりさせたり、さまざまな場面で役立つオーバルプレート。大切な人へのギフトにも最適。

一生ものの食器として迎えるために、

  • シンプルでどんな料理にも合う白いオーバルプレート
  • ちょっと広めのリム幅やサイズバリエーションがあるオーバルプレート
  • 食洗機でも洗えて、普段使いできる丈夫なオーバルプレート

このようなオーバル皿を選ぶのがおすすめ。

使い勝手の良いサイズのオーバルプレートを持っていれば、家族との食事の時間が楽しくなり、おもてなしの時間にセンスの良さをアピールできる、といった嬉しい未来が待っています。

実は、これらを全部踏まえておすすめするのが、ohのオーバルプレートとなります。
シンプルですが、実はこだわりがたくさん詰まっています。
ご自身で色々試して探すのも楽しいかもしれませんが、その時間と苦労は我々キュレーターがすでに体験済みですので、最短でベストなオーバル皿がほしい方はご検討ください。後悔はさせません。

料理の盛り付けやテーブルセッティングを底上げしてくれるオーバル皿と一緒に、優雅なひとときを。

 

この記事でご紹介した商品

 

あのオーバルプレート
あのオーバルプレート

(日本製)

 

Back to blog

Leave a comment

Please note, comments need to be approved before they are published.